保険証に関するQ&A

保険証に関するQ&A

保険証をなくしたときは、どのような手続きをすればよいですか?

再交付の手続きをします。「健康保険被保険者証再交付申請書」を事業所の担当者にご提出ください(再交付手数料は後日給与天引きとなります)。

保険証が盗難にあった場合や屋外で紛失されたときは、健康保険組合では保険証を無効にすることができませんので、最寄りの警察へ盗難および紛失届を提出してください。

保険証に記載されている氏名を変更する場合、どのような手続きをすればいいですか?

「氏名変更届」に保険証を添えて、事業所の担当者に提出してください。氏名変更届の用紙は事業所にてお取り寄せください。

子供が4月に就職しましたが、届けを出すのを忘れていました。4月以降保険証を使った場合は、あとで医療費を請求されますか?

被扶養者のご家族が就職された場合は、iNETけんぽより被扶養者申請(削除)を入力してください。被扶養者(異動)届に保険証を添えて事業所担当者に提出してください。そのご家族の資格は就職日にさかのぼって取り消しを行います。届出が遅れて保険証を使用された場合は、医療費の健康保険組合負担分を後日お支払いただきます。

退職後、保険証はどこに返却すればいいですか? また、退職後に保険証を使用してしまった場合はどうなりますか?

原則退職日までに、事業所の担当者にご家族分も全て一緒に返却してください。退職日以降に保険証を使用された場合は、医療費の健康保険組合負担分を後日お支払いただきます。

70歳以上になると保険証がもう1枚発行されるのですか?

70歳以上の方には、「健康保険高齢受給者証」が交付されます。これは病院窓口の負担割合を示す証明書で、医療機関では必ず保険証と併せて提示が必要です。