がん検診

近年、増加が著しいがんの中でも「肺がん」、「大腸がん」、「子宮頚がん」、「乳がん」等の検査について補助を行っています。

医療機関を受診しにくい方のために、自宅で検体を採取し郵送して検査を受けられる『郵送方式検診』も実施していますので是非ご利用ください。

検査内容 検診方法 年齢制限 補助額(上限)
大腸がん 便潜血検査
トランスフェリン検査含む
郵送方式 なし 自己負担なし
前立腺がん 血液検査(腫瘍マーカー) 郵送方式 50歳以上 自己負担なし
ピロリ菌抗体検査 血液検査 郵送方式 なし 自己負担なし
子宮がん 子宮頸部細胞診 郵送方式 なし 自己負担なし
医療機関 なし 4,200円上限
乳がん 視触診
乳房マンモグラフィー
超音波(エコー)
医療機関 なし 8,400円上限
肺がん 肺ヘリカルCT検査 医療機関 35歳以上 5,000円上限

被保険者および被扶養配偶者が対象です。

子宮がん、乳がん、肺がん検診は人間ドックのオプションとして同時にお手続きください。

大腸がん検診(便潜血検査)は人間ドックにセットされています。

郵送方式検診(大腸がん・子宮がん・前立腺がん・ピロリ菌抗体検査)の受診方法

  1. 年1回、決められた期間(9月頃)にインターネット(iNETけんぽ)で申し込みます。
    詳細は健発文書(電子メール)で構成事業所へ案内します。
  2. 検診機関から検査キットが自宅(申込時に登録した住所)へ届きます。
  3. 検体を採取し、検診機関へ直接送付します。
  4. 2週間程度で検査結果が検診機関から届きます。