ピンクの補助(Q&A)

ピンクの補助

印刷環境がないため「領収書貼り付け用紙」を印刷できません。

iNETけんぽからピンクの補助申請登録を行ったうえで、保険証の記号・番号、被保険者氏名(フルネーム)、領収書貼り付け用紙を印刷できない旨を記載したメモと一緒に領収書原本を健康保険組合へ送付してください。

Web環境を利用できないためピンクの補助請求書を入手できません。

保険証の記号・番号、被保険者氏名(フルネーム)、領収書貼り付け用紙を印刷できない旨を記載したメモと一緒に領収書原本を健康保険組合へ送付してください。

月末で退職予定なので補助金の支給が退職後になる見込みです。この場合、補助金は どのように支給されますか。

ピンクの補助請求書の余白、またはメモに口座情報を記載して送付してください。
記載されている(被保険者本人の)口座へ振込みます。

夫婦ともにTIS株式会社の社員でTISインテックグループ健康保険組合の被保険者(本人) です。家族旅行へ行ったので2名分の補助金を請求したいがどのように申請すればよいですか。

それぞれiNETけんぽから申請登録を行ってください。

領収書貼り付け用紙に家族旅行である旨を記載し、どちらか一方に領収書を貼り付けて2枚一緒に健康保険組合へ提出してください。

夫婦と子供2人の4人家族です。全員、私の被扶養者ですが28,000円(4人×7,000円) の補助をもらえますか。

いいえ。補助金は被保険者(本人)1人に対して7,000円です。
補助の対象者(利用者)には被扶養者(家族)も含まれます。奥様やお子様が健康増進のために使われた費用に対しても補助できます。

年度内の申請合計額が7,000円であれば、5,000円分を請求しその後、残りの2,000円分を請求するという分割した請求は可能ですか。

いいえ。分割請求はできません。

ただし、領収書の合算(5,000円分と2,000円分)は可能です。請求は7,000円以上の領収書が揃ってからピンクの補助申請登録を行ってください。

領収書の宛名は何と書いてもらえばよいですか。

被保険者または被扶養者のお名前を記載してもらってください。また但し書(取引内容)も忘れずに記載してもらいましょう。

領収書の代わりにレシートやクレジットカード売上票で請求できますか。

店名、日付、金額、内容を確認することができれば、レシートやクレジットカード売上票を領収書の代わりとして使っていただけます。

納品書や請求書を領収書の代わりに利用できませんか。

納品書や請求書は店名、日付、金額、内容など必要な項目が記載されていてもその金額を支払ったことを確認できないので領収書の代わりに利用することができません。
ただし、「領収」や「支払済み」、「クレジット払い」などの押印があれば領収書の代わりに利用することができます。

ネットショッピングの利用代金を補助金請求したいが領収書が手元にありません。どのように対応すればよいですか。

領収書の添付が基本です。購入元へ領収書発行を依頼されるかご利用のサイトで領収書の印刷ができないか確認してください。

領収書を準備できない場合、補助金の請求はできませんか。

どうしても領収書を入手できない場合は、
・店名(支払先)
・日付(支払日または利用日)
・金額
・内容(購入した物品やサービスの内容など)
・上記の金額を支払ったこと
を確認できる書類を準備して補助金請求してください。
例えば、納品書とクレジットカードの利用明細を添付、ご利用サイトの購入履歴の明細表示とネットバンキングの振込履歴を添付するといった組合せが考えられます。

ピンクの補助を申請済みかどうかは、どのように確認できますか。

iNET けんぽログイン後のマイページ上で利用状況を確認できます。