ピンクの補助(ドック利用)(手続き)

利用する医療機関等によって手続方法が異なります。

あなたが利用する医療機関、手続き方法を選択して、詳細な手続き方法を確認してください。

人間ドック契約機関を利用する方

ドックの予約連絡をiNETけんぽから行う場合

  1. iNETけんぽの人間ドック予約連絡画面に利用の意思確認欄が表示されます。

    (ピンクの補助使用済みの方や自己負担額が7,000円未満の場合は表示されません)

  2. 1の画面で‘利用する’にチェックされますと後日自己負担額から7,000円が自動的に控除されます。(この時点でピンクの補助は利用済みとなり、宿泊やスポーツでの申請はできなくなります。)

  3. キャンセルや変更があった場合は、必ず受診日前までにiNETけんぽから削除、変更登録を行ってください。(受診予約日を過ぎた場合は必ず健康保険組合までご一報ください。)

ドックの予約連絡を紙で行う場合(iNETけんぽを使えない方)

  1. 人間ドック予約連絡票(紙)の利用意思確認欄へ○をつけて健康保険組合へお送りください。
  2. 自己負担額が7,000円以上となる方に限り、利用できます。

    利用可能な場合は自己負担額から7,000円が自動的に控除されます。

  3. キャンセルや変更があった場合は必ず健康保険組合までご一報ください。

ドックの予約が会社で取りまとめられている場合

  1. 会社へ申込まれる際、意思確認がありますのでそこでお伝えください。
  2. 利用を希望された場合は、後日自己負担額から7,000円が自動的に控除されます。
  3. キャンセルや変更があった場合は必ず会社の健診取りまとめ担当へご一報ください。

人間ドック契約機関以外を利用する方

  1. 人間ドック補助金請求書(紙)に意思表示確認欄を表示しています。

    利用したい場合は○をつけて健康保険組合へお送りください。

  2. 補助額に7,000円を加算して入金します。