健康保険用語集

組合管掌健康保険

常時700人以上の従業員がいるか、又は同じ業種の事業所が集まって、3,000人以上いる場合は、厚生労働大臣の認可を得て健康保険組合を設立し、企業の実態に応じた健康保険事業を運営することができます。これを組合管掌健康保険といいます。組合管掌健康保険には、単一の企業で設立する単一組合と同種同業の事業所が合同で設立する総合組合の2種類があります。