保険証に関する手続き

保険証は大切に取扱ってください

イラスト

みなさんが会社に入ったとき、TISインテックグループ健康保険組合では会社からの届出により「健康保険被保険者証カード」を作り、被保険者被扶養者のみなさんに1人1枚ずつお渡しします。

これが「保険証」で、みなさんがTISインテックグループ健康保険組合の保険給付を受ける資格を持っていることを証明するものです。保険証は身分証明書兼医療のクレジットカードであることより、お金と同様に価値のある大切なものです。

病院に預けっぱなしにしたり、汚したりすることのないようにしましょう。また、他人との保険証の貸し借りによる不正使用は、違法行為となり処罰の対象になります。紛失による思わぬトラブルに遭うこともありえますので、取扱いには十分注意して大切に保管してください。

保険証を使用できるのは、入社の日から退社の日までです。会社を辞めたときは、速やかに会社へ家族全員分のカードを返却してください。

保険証を受け取ったら

取扱いに十分注意して、大切に保管しましょう。無くしたらすぐに届け出ましょう。

記入できるのは住所欄と臓器提供意思表示欄だけです。記載事項を勝手に直すことは禁止されています。

保険証をなくしたとき

保険証を紛失したときや、盗難にあったときは速やかに警察へ届けるなどの手続きをしてください。

最寄りの警察署や交番へ「遺失物届」・「被害届」を出して、受理番号を控えておいてください。万が一悪用された場合、不正使用されたことの証明になります。

悪用されることが心配な場合は、被害を防ぐ方法として「個人信用情報機関」の「本人申告制度」があります(100%防止できるわけではありません)。「個人信用情報機関」は、消費者金融・クレジット・銀行の各業界に設置されています。登録方法については、直接下記までお問い合わせください。

なお、保険証を紛失したときや破損したときは、再交付いたします。

再交付の際は、本人確認のため事業主証明が必要です。「健康保険被保険者証再交付申請書」を事業所に提出してください。

氏名に変更があったとき

保険証の氏名変更をします。「氏名変更届」に保険証を添えて、事業所に提出してください。

住所に変更があったとき

保険証は、住所欄(裏面)のみ自身で変更することができます。空欄へ訂正いただくか、シール等を貼付しご自身で変更してください(保険証を健康保険組合に送っていただく必要はありません)。

なお、登録いただいているご住所に配布物を郵送することがあります。変更があった場合は、iNETけんぽの住所変更より変更してください。ネット環境がない場合は、「住所連絡票」を健康保険組合に提出してください。

高齢受給者証について

70歳~74歳の高齢者は、本人・家族とも、かかった医療費の2割または1割(現役並みの所得がある場合は3割)の自己負担で医療を受けることができます。所得に応じた自己負担限度額も設けられており、所得の低い高齢者の負担は軽減されています。残りの医療費は、そのときに加入している医療保険が負担します。

70歳~74歳の一般及び低所得者の負担割合は、これまで特例により1割に据え置かれていましたが、平成26年4月1日以降に新たに70歳になる人から2割負担となります。なお、平成26年3月31日までに70歳になっている人は、引き続き1割負担に据え置かれます。

受診する際には、保険証と一部負担割合を確認するための「高齢受給者証」を保険医療機関の窓口に提出して医療を受けます。外来、入院とも、医療費が高額になった場合、窓口での支払いは自己負担限度額までとなります。

70歳になったら、「高齢受給者証」を発行いたします。申請の必要はありません。保険証と同様、大事に保管してください。