高額な医療費がかかったとき(Q&A)

高額な医療費がかかったとき

高額な医療費がかかりました。健康保険から給付が受けるために申請が必要ですか?

申請は不要です。

医療機関から健康保険組合へ届くレセプトをもとに計算し、一定額を超える自己負担があった方には、受診の約3ヶ月後の給与に組み込んで払い戻しされます。

任意継続被保険者、退職者の方には、指定の個人口座へお支払します。

医療機関からのレセプト到着が遅れた場合は、給付も遅れます。

本人がひと月の入院代として30万円支払いました。健康保険組合からの還付金はいくらになりますか?

高額療養費、一部負担還元金が合わせて257,670円支給され、最終的な自己負担は42,330円となります。(入院時の食事負担や保険外の自費負担は計算から除きます。)

医療費 100万円
健康保険組合の療養費給付 70万円 医療機関窓口負担額 30万円
【標準報酬月額28万円~50万円の場合】
高額療養費自己負担限度額
80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円
高額療養費として支給される額
300,000円-87,430円=212,570円
付加給付自己負担限度額
35,000円+(1,000,000円-267,000円)×1%=42,330円
一部負担還元金として支給される額
87,430円-42,330円=45,100円
健康保険組合から還付される額
212,570円+45,100円=257,670円

入院をすることになり、病院から「限度額適用認定証」を用意するように言われました。手続きはどのようにすればいいですか?

「限度額適用認定申請書」を健康保険組合へ送付してください。

申請書が健康保険組合へ到着しましたら、原則、翌営業日には指定の場所に発送します。

期日に余裕をもって申請してください。

郵送で送付する場合は簡易書留で送付しますので、受け取りのできる送付先を指定してください。