交通事故・他人の行為により病気やケガをしたとき

必ず健康保険組合に届出てください

健康保険で治療を受ける場合は、当健康保険組合にまずは電話連絡をし、その後できるだけすみやかに「第三者の行為による傷病届」などの必要書類を提出してください。届出は健康保険法のもとで義務づけられています。

第三者によってケガをしたり、病気になった場合は、さしあたって健康保険組合に届出ることによって健康保険でケガ等の治療を受けることができます。ただし、これは健康保険組合が一時的に加害者が支払うべき医療費を立て替えるもので、健康保険組合が立て替えた範囲内で、後日加害者または自動車損害賠償責任保険の事業機関等に医療費を請求します。つまり、健康保険組合が被害者であるみなさんに代わって損害賠償請求を行うわけです。

加入している損害保険によっては、損害保険会社が「第三者の行為による傷病届」の作成・提出を援助する場合もあります。

届出が必要なケースは次のとおり

  1. 第三者(相手側)と接触または衝突等の交通事故で受けたケガ
  2. 事故車に同乗していて受けたケガ(同乗者が親族であっても適用)
  3. 暴力行為により受けたケガ(殴打)
  4. 他人の飼っている動物等に咬まれて受けたケガ
  5. 飲食店などで食中毒にあったとき
  6. 医療ミス
  7. 第三者の行為に起因して受けたケガ(本人の過失が多い場合でも)
    例:右折時に直進車と衝突、歩行中に走行してきた自転車と接触、飲食店で配膳時に沸騰した料理をかけられた等

示談は慎重に

示談後も健康保険の給付を受けられるかどうかは、示談の内容によって決まりますので、示談にする場合は、事前に必ず健康保険組合に相談して慎重に示談を行う必要があります。

通勤または業務上の事故が原因のときは

通勤途中または業務上のケガや病気の原因が第三者の行為によるときは、健康保険ではなく労災保険が適用されますので、事業所担当者にお問い合わせください。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

自動車で他人を傷つけたときは、法律(自動車損害賠償保障法)によって自動車の保有者が賠償する責任を負い、特別な事情がない限り、賠償の責任を避けることができません。そして、賠償金の支払いを確保するために、自動車の保有者はすべて強制的に、自動車損賠賠償責任保険(責任保険)に加入することになっています。

自賠責保険の保険金限度額

自賠責保険の保険金限度額は次のとおりですが、実際の損害が保険金限度額を上回ったときは、超過分を加害者が負担しなければなりません。

区分 保険金限度額
死亡した人(1人につき) 死亡による損害につき 3,000万円
死亡までの損害につき 120万円
傷害を受けた人(1人につき) 傷害による損害につき 120万円
後遺障害による損害につき 障害等級に応じ75万円~4,000万円