健診・人間ドック

当健康保険組合では病気の早期発見・早期治療のため、各種健診や人間ドックへ補助を行っています。健診または人間ドックを必ず年1回受診しましょう。

区分 健診の種類 対象者 年齢制限 補助額(上限)
被保険者 被扶養
配偶者
被扶養者
(配偶者以外)
一般健診 全額
(事業主と健康保険組合で負担)
施設健診 10,000円
全額(節目年齢
巡回レディース健診
(女性のみ)
10,000円
全額(節目年齢
特定健康診査
(メタボ健診)
40歳以上 全額(受診券利用)
人間ドック 35歳以上 20,000円
40,000円(節目年齢
(事業主と健康保険組合で負担)

被保険者、被扶養配偶者それぞれに対して、1年(同一年度内)に1回、いずれか1つの区分へ補助します。

補助対象外の検査項目については、全額自己負担になります。

がん検診(健診・人間ドックのオプション)

以下のがん検診に対して補助を行っています。健診・人間ドックと一緒に受診される場合は、医療機関に確認のうえ、オプションとして申込んでください。

区分 健診の種類 対象者 年齢制限 補助額(上限)
被保険者 被扶養
配偶者
被扶養者
(配偶者以外)
子宮がん
(頸部細胞診)
4,200円
乳がん
(視触診・超音波・マンモグラフィー)
8,400円
肺がん
(ヘリカルCT検査)
35歳以上 5,000円

子宮がん、乳がん検診はA・B・Dのオプションとして、肺がん検診はDのオプションとして申込みください。

自己負担なしで検査できる郵送方式検診もあります。

がん検診補助の詳細はこちらをご覧ください。

その他

自治体健診への補助もあります。お住いの自治体へ直接申込み、費用を全額支払ったうえで「人間ドック等補助金請求書」でご請求ください。

区分 健診の種類 対象者 年齢制限 補助額(上限)
被保険者 被扶養
配偶者
被扶養者
(配偶者以外)
自治体定期健診 5,000円
自治体がん検診
パート先などの勤務先での定期健診 なし

健診・人間ドック(A~D)を受診された方は自治体定期健診への補助は受けられません。

パート先などの勤務先で定期健診を受けた人は、健診結果(写)を健康保険組合までご提供願います。

【QUPiO(健康情報誌)をお届けします】

イラスト健診(血液検査必須)を受診された被保険者の方へQUPiO(冊子版)をお届けします。QUPiOはあなたの健康生活を応援するツールで、冊子版は健診結果等に基づいて作成された、あなただけの健康情報誌です。

WEB版では、過去の健診結果を確認でき、運動や食生活等の目標を設定し日々の実績を記録することで健康になるための行動を支援してくれます。

冊子版でご自身の健康状態を把握し、WEB版を活用して生活習慣を改善し、より一層健康な心身を獲得しましょう。

健診結果について

健康保険組合を通じて人間ドックやその他健診を受けられる場合は、その結果が健診機関から直接健康保険組合に届くことにご同意ください。

ご同意いただけない場合は、健康保険組合を通さず、ご自身で受診し、費用をいったん立て替えたうえで後日健康保険組合へ結果表を添えて補助額をご請求いただくことになりますのでご了承ください。

なお、健診結果の使用目的は次の通りです。

健康保険組合 詳しくはこちら
事業主 法令により事業主には一定の項目に関する健康診断の実施が義務付けられていますが、人間ドックの利用を、会社で行われる集団の定期健康診断に代えることができます。したがいまして、人間ドックを利用された場合、通常はご自身で事業主へ結果を提出することになりますが、直接健康保険組合から事業主へ通知することにご同意いただけた場合、事業主へあらためて結果を提出される必要はありません。