特定保健指導

特定健診・特定保健指導の目的

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。

特定健診・特定保健指導では、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備軍を減少させること(病気の予防)を目的としています。

生活習慣病は自覚症状のないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置付け、行動変容につながる保健指導を行います。

特定健診・特定保健指導とは

特定健診は、内蔵脂肪型肥満に着目し、生活習慣病予防のための保健指導を必要とする人を選び出すための健診です。健診項目には、内臓脂肪の蓄積状態をみるために腹囲の計測が追加されるなど、特定保健指導の対象者を的確に抽出するための検査項目が導入されています。

特定健診の結果をもとに、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数に着目して階層化を行い、特定保健指導の対象者を選定します。リスクの高さに応じて、生活習慣改善を促すための特定保健指導(動機付け支援・積極的支援)を行います。

特定健診・特定保健指導の流れ

特定健診・特定保健指導の流れ

特定健康診査結果による階層化

腹囲 追加リスク 支援区分
①血糖 ②脂質 ③血圧 ④喫煙歴 40~64歳 65~74歳
≧85㎝(男性)
≧90㎝(女性)
2つ以上該当 有無関係なし 積極的支援 動機付け支援
1つ該当 あり
なし 動機付け支援
上記以外で
BMI ≧25
3つ該当 有無関係なし 積極的支援 動機付け支援
2つ該当 あり
なし 動機付け支援
1つ該当 有無関係なし

追加リスク

①血糖 空腹時血糖100㎎/dl以上、HbA1c(NGSP値)5.6%以上が原則

②脂質 中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満

③血圧 収縮期130mmHg以上または拡張期85mmHg以上

服薬中(受療中)の者の取扱い

糖尿病、高血圧症または脂質異常症の治療に係る薬剤を服用している者を対象者から除く。

特定保健指導の対象になったら

特定健診の結果で「動機付け支援」・「積極的支援」と判定された方は、事業所担当者を経由して特定保健指導のご案内を差し上げます。

健診受診時に、健診機関から直接ご案内する場合もございます。)

当健保では、専門の保健指導機関に委託し、一人ひとりの健康状態に合わせた生活習慣を見直すためのサポートを行っています。費用についての負担はありません。

専門家の支援を受けて、生活習慣改善に取り組みましょう。