健保からのお知らせ

2020/04/08

新型コロナウイルス感染者等発生時の対応について

 今般、TISインテックグループ健康保険組合の所在地である富山県からも新型コロナウイルス感染症患者が発生したことから、当組合の職員あるいはその周辺から感染者等が発生した場合の対応を整理したのでお知らせします。

 

想定される状況

職員数名が自宅待機(数日から1か月程度)

 本人の体調不良、同居家族の感染、同居家族が感染者の濃厚接触者の場合など

事務所の一時的な封鎖(3日から1週間程度)

 事務所が存在するビル(のフロア)で感染者が発生し、一時的にビルを封鎖して消毒する場合など

事務所の封鎖&職員全員が自宅待機(2週間から1か月程度)

 健保組合の職員から感染者が発生し、職員全員が濃厚接触者となり最低2週間以上の自宅待機を求められた場合など

 

優先的に実施する業務

 組合員のみなさまの健康維持・生活の維持を最優先に、可能な限り業務を継続して参ります。

 しかしながら健康保険組合が取り扱う情報の性質上、業務に必要な情報を事務所外へ持ち出すこと、業務ネットワークにインターネット等の外部ネットワークから接続することができません。事務所が封鎖された場合、多くの業務が実施できなくなります。

 

不測の事態が発生した場合の対応

緊急対策本部の設置

 常務理事を本部長として緊急対策本部を設置します。状況に応じた対策を検討し、本部長の指示に基づき実施します。

 

緊急連絡体制

健保組合 ⇒ 組合員

 ホームページのお知らせに対応状況を掲載します。

組合員 ⇒ 健保組合

 ホームページの[お問い合わせ]からの問い合わせを受け付けます。ただし、事務所が封鎖されている場合、回答は事務所再開後になります。

健保組合 ⇒ 事業主

 ホームページのお知らせに対応状況を掲載します。電子メールや電話で連絡する場合があります。

事業主 ⇒ 健保組合

 健保組合の電子メールアドレス(代表)へメールで連絡してください。緊急度に応じて可能な対応を実施します。

 

 みなさまにご迷惑をおかけすることがないように、職員一同、感染予防と体調管理を心がけ、業務遂行・サービス提供してまいります。